着け心地抜群!光沢感のある Pioneer 製ワイヤレス(Bluetooth)ヘッドホンのレビュー[Style SE-MS7BT-T]

2018年11月23日

音楽を聴くとき、あなたは何を使いますか?

おそらくスピーカーイヤホンヘッドホン🎧を使用していると思います。唐突に何を・・・。
その中の一つ、ヘッドホンについて私のお気に入りの一品をご紹介したいと思います!特にひねりはございません(笑)

今まで使用していたヘッドホン

元々私はあまり高いヘッドホンを使っておらず、100 均で売っているイヤホンヘッドホンで満足しておりました。コスパが良くてつい(笑)
そんなある日、事件が起きます。
そう、それは iPhone 8 Plus を購入した時のことです。
早速イヤホンで音楽を聴こうとすると・・・。あれ。ない。。
そうなんです。イヤホンジャックがなくなっていたのです!!ショック!!

iPhone 7 以降からイヤホンジャックが廃止されていたようですね。。
早速 100 均に行ってワイヤレスイヤホンを調達してこよーと外へ出たのですが・・・。
まあ、あるわけないですよね(笑)
ここでようやくワイヤレスイヤホン・・・いやせっかくだからワイヤレスヘッドホンにしよう!と思い調べてみました。
(家で使うことが大半なのでヘッドホンでいいかなと当時は思っていました。)

安いものだと 1000 円くらいで一番高くて 180,000円でした。オオー
そんなに高音質でも自分には違いが判らなそうなのでミドルくらいでいいかなぁと思っていました(笑)

イヤホン・ヘッドホンのタイプ

ここでちょっとした豆知識コーナー!イヤホン・ヘッドホンのタイプでお送りします。

オーバーヘッド型

今回購入を検討していたタイプになります。メジャーですね。
耳の穴に何か入れるわけではないため異物感が気になる方はこちらのタイプが好きそうです。

インナーイヤー型

これまた定番なイヤホンになります。
耳に引っ掛けるタイプで 100 均でも売られており、だいぶお世話になりました。
低価格コンパクトもち運びにも便利ですね。

カナル型

耳にスポッとはまるイヤホンになります。
インナーイヤー型と比べると密閉度が異なり、外の音は聞こえにくくなります。
その分、音漏れも少なく済むというメリットもありますね。

耳かけ型

耳にひょいっとかけるイヤホンですね。
こちらも 100 均で売られておりお世話なりました。
耳にかけるだけなので耳への負担はかなり抑えられると思います。
ただし音漏れは凄いので注意が必要です(笑)

ネックバンド型

頭の後ろにかけるタイプのイヤホンのようです。
こちらは使用したことがないため使用感が分からないのですが、イヤホンが目立たなく良いなぁと思っていました。
実は、こちらのタイプの購入も検討していました(笑)

骨伝導型

まだまだ広がってはいないですが、いつかブームとなりそうです。
一度だけ使ったことがあるのですが、まあすごいです(笑)
私が使用したのは指に機械を装着し、指を耳のあたりに当てると音が聴こえるといったものでした。
機械から指へ、指から耳へ振動を送り音として認識しているようですが、長時間使用しても問題ないのか気になるところです・・・。

さて、様々なイヤホン・ヘッドホンがあることを知ったところで、続きを書いていきます(笑)
私が購入する際に気にかけていた項目があります。

Bluetooth の遅延

Bluetoothコーデックの種類によりどのくらいの遅延が発生するか決まります。
iOSAAC が使われており、AndroidaptX が使用されています。

遅延 対応デバイス 性能
SBC 220ms(±50ms) ほとんど対応 Low
AAC ??? iOS など Middle
aptX 70ms(±10ms) Android など Middle
aptX Low Latency 40ms Android など High
aptX HD 105ms Android など High
aptX Adaptive 50-80ms Android など High

AAC の遅延については残念ながら公式では発表されていないようです。。
最初に登場した SBC コーデックは今となっては一番遅延があり、220 ミリ秒だと YouTube やゲームをすると遅延が大きく感じると思います。
なるべく低遅延なコーデックが良いですね。iPhone の場合は選択肢がほぼないのが残念。。

Style SE-MS7BT-T の特徴

大口径で耳にすっぽりサイズ

耳が押し付けられるようなサイズだと長時間装着すると耳が痛くなってしまうため、私の中では結構大事な項目になります!

連続稼働時間

なるべく充電が長持ちの方が良いですよね!(笑)
充電の手間を省きたい一心です。

選ばれたのは・・・

その他にもデザインお値段は気にしていますよ~(笑)
そして、、最終的に買ったものがこちらになります。

こちら Pioneer 製のワイヤレスヘッドホン「Style SE-MS7BT-T」になります!
対応コーデックは SBCAACaptX になります。
私は iPhone 用だったため、AAC 対応のこちらをチョイスしました。
側面には Pioneer という文字が輝いております。

電池持続時間も音楽再生時で最大 12 時間となっており、十分すぎます!

しっかりと大口径!私の耳にすっぽり入るため大変満足です。

まとめ

こちらのヘッドホンを使用すれば周りの音を気にせずゆっくりと音楽を聴くこともできます。
自分へのちょっとしたご褒美として良いかもしれませんね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

パイオニア SE-MS7BT-T(ブラウン) Styleシリーズ ハイレゾ対応ダ…
価格:9380円(税込、送料別) (2018/11/21時点)

 

楽天で購入